本態性振戦

集束超音波治療は薬物療法で効果が得られない本態性振戦(ET)の患者さんに、メスを使わない低侵襲な治療法としてご提案できます。治療はMRI室で行われ、患者さんは比較的短期間に退院することが可能です。

詳細を閲覧する

振戦優位型パーキンソン病:

メスを使わないMRガイド下集束超音波法(MRgFUS)は、薬物療法で十分に効果が得られないパーキンソン病における振戦症状の緩和、あるいは、薬物療法で十分な効果が得られないパーキンソン病(脳深部刺激術が不適応の患者に限る)における運動症状の緩和が期待されます。治療の際には、医師が超音波エネルギーを脳深部の部位に照射することで、頭蓋骨に穿孔せずに治療することが可能です。

詳細を閲覧する

A Better Tomorrow
Starts Here

MRガイド下集束超音波治療による変革

変革を始める
Font Resize